見出し画像

【ビジネススキル】忙しい人必見!「ECRSの法則」で生産性を高めよう

一人ひとりが「働く」について考えるための“ヒント”になるような、仕事に役立つヒントをお届け!
3回連載でご紹介する「生産性UP!シリーズ」の第1弾です。

今回は、生産性を高める方法、「ECRS(イクルス)の法則」について、ご紹介します。

「ECRSの法則」を知る

 「ECRSの法則」は、無駄なことせず、より効率的に進めるために絶対に知っておくべき法則です。
ECRSは、それぞれ頭文字になっています。順番にご紹介していきましょう。


E:Eliminate(排除)

最初にすべきことは、“Eliminate(排除)”です。結果に影響しないことであれば、思い切ってやめてしまいましょう。

無駄なこと、考えてみると案外いろいろありますよね、打ち合わせ、作業、まとめ資料…

それがなくても結果に影響しないとわかれば、一度やめてみることを検討してもいいかもしれません。

C:Combine(結合)

無駄なことをやめた後でも、タスクは残ります。
次にやるのは、“Combine(結合)”です。一石二鳥でできないかを考えてみましょう。

Aという作業をしたら、次に必ずBという作業が待っている。そんな時は、Aの結果を、同時にBにも流用できるように考えてみてください。

例えば、よくレポートや報告書を作成する方であれば、Aのレポートを書く時に、Bのレポートにもそのまま流用が効くようなフォーマットで作成できないかを考えてみる。そのまま活用できるのであれば、一石二鳥ですよね。
複数のタスクに応用ができるような方法を、ぜひ考えてみましょう。


R:Rearrange(交換)

次やることは、“Rearrange(交換)“です。

例えば、ものの置き場所を変更することによって、移動距離が短くなることがよくあります。工場で、ある鉄板を運ぶのに20歩歩く必要がある場合は、置き場所を変えると3歩で済むようになる。…効率的ですね。
オフィス内であれば、コピー用紙を取りに行く、はさみを取りに行く、何でも構いません。移動距離を、今よりも少なくできる場面はないでしょうか。
もしくは、誰かにお願いをするというのも、自分の仕事を誰かに交換することになります。

置き場所を変更できないか、誰かにお願いできないか、ぜひ考えてみてください。
 

S:Simplify(単純化)

最後は、Simplify(単純化)です。
もっと作業の手間を省けないか、簡単にする方法を考えてみましょう。

例えば、メールをよく使う場合、1から文章を打つと時間がかかります。そんな場合は、テンプレートを何種類か用意しておく。そうすると、毎日の作業が簡単になりますよね。
10行かけて書いていた文章を箇条書きにしてみるのも、単純化のひとつです。

このように、何か作り置きをする、もっと簡単にする、そんな方法を考えてみてください。


ECRSの法則は順序が大事!

ここまで、「ECRSの法則」をご紹介しました。
実はECRSは、順序も大事なんです。

無駄なことを効率的にやることほど無駄なことないですよね。
 まずは無駄なことをやめることから始めてください。
E→C→R→Sの順が成功のカギです。

これを続けていくと、もっと効率化ができるはず。ぜひチャレンジしてみてください!

今回は、生産性を極める方法「ECRSの法則」について、ご紹介しました。
第2弾では無駄なことを捨てられない人に効果的な方法、第3弾では残した仕事をより効率的に進めるための、すぐにできる作業効率の上げ方を紹介していきます。お楽しみに!


\ビジネススキルについての記事はこちらから/

\動画でチェックしたい方はこちらから/


この記事が参加している募集

#企業のnote

with note pro

12,935件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!