見出し画像

採用という「入り口」で、自分に自信を持つための道を拓く

「いつからでも、どこにいても、誰もがより良い『働く』に出会える社会へ」という、スタッフサービスグループのVision。

この記事では、私たちスタッフサービスグループがどのような想いでカスタマーやクライアントに向き合っているかについて紹介します。

今回は、製造分野のテクノ・サービス(以下、TS)で新たに始まった無期雇用派遣のサービス、「テクノ・サービス・マニュファクチャリング(以下、TSMF)」(※)で採用職として活躍する宮城みやぎなつきさんに話を聞きました。

(※)TSMF:テクノ・サービスで展開する、製造分野でのキャリアアップをかなえる無期雇用派遣のサービスです。転勤がなく地元で働くことができ、製造分野のさまざまな派遣先で経験を積みながらスキルを身につけられるのが特徴です。

宮城 なつき(みやぎ なつき)さん
テクノ・サービス 大阪・兵庫ブロック 大阪・兵庫JOBセンター

コロナ禍をきっかけに、派遣スタッフの成長をサポートできる無期雇用派遣の道へ

――宮城さんは新卒でスタッフサービスグループ(以下、SSG)に入社されていますが、入社のきっかけを教えてください

宮城:私は元々教員を志望していました。ですが、大学進学で大阪へ来て、「世の中にはいろんな仕事があるんだな」と選択できる職業の多さに驚いたんです。たくさんの仕事を知ったうえで人の可能性を広げるサポートができる教員になりたいと思い、新卒でSSGに入社しました。

当初は3年ほど働いたのち、教員の道に進もうと思っていましたが、さまざまなバックグラウンドのある人たちのキャリアに介在していけることにやりがいを感じ、ずっとこの業界に携わりたいと思うようになりました。

――TSではこれまで登録型派遣を展開していましたが、宮城さんが無期雇用派遣に興味を持ったきっかけについて教えてください。

宮城:コロナ禍で新しい雇用を創りづらくなり、派遣スタッフの方々の就業サポートが思うようにできず、とても悔しいと思ったことがきっかけです。そのとき、ずっと仕事を紹介し続けるためには派遣スタッフを育成していく視点を持たないといけないと痛感し、キャリアコンサルタントの資格を取りました。

ちょうどそのタイミングで長期的な雇用を前提とした無期雇用派遣のTSMFがスタートしたので、ここでチャレンジしてみようと思いました。


「この人のために何かしたい」という想いで、じっくり向き合う

――TSMFに応募される方はどんな方が多いのでしょうか。

宮城:応募者の方には、製造分野で無期雇用、かつ転勤がないため地元で中長期のキャリアが積めるところに魅力を感じていただいています。

「今まで有期雇用の派遣スタッフやアルバイトで働いてきたけど、キャリアアップしたい」、「安定して働きたい」、「収入をアップしたい」など、今の状況から一歩踏み出そうとしている方が多いです。

TSの登録型派遣で就業している方も「キャリアアップにつながりそう」と興味を持っていただくこともあります。

――仕事において宮城さんが心がけていることや、こだわっていることについて教えてください。

宮城:日々面接をするなかで、自信をなくしている方の応募が多いと感じています。採用担当になってから、一人ひとりと長く話す機会が増えたので、「この人のために何かしたい」という想いがより一層強くなりました。

面接では、1回90分くらいかけてじっくり話を聞くのですが、その方の良いところを多く見つけるように心がけています。長期で勤めたアルバイト歴や頑張って取り組んだ業務など、その方にとっての成功体験を深掘りながら、じっくり時間をかけてその方の3年後のキャリアビジョンを聞いています。「良い機会なので、一緒に考えましょう」と伝えて、その方が自分の想いを言葉にできるまで待つことを大切にしています。その人のなりたい姿を聞くことで私たちとしてサポートできることも明確になるので、面接の段階でその方の目指すところを深く理解するようにしています。

はじめは自信がなさそうな表情をされていた方が、次第に「自分はこうなりたい」と語ってくれて、面接を終えたときに表情が明るくなっているのを見ると、やりがいを感じます。

――さまざまな応募者とお会いしていると思いますが、宮城さんにとって印象に残っているエピソードはありますか?

宮城:20代前半の女性の方の面接が心に残っています。その方は幼少期から身体が弱く、大学進学後に体調を崩して退学し、その後、製造業のパートタイムで3年以上勤めたのですが、収入が不安定になったり周囲との折り合いがつかなかったことから、TSMFにご応募いただきました。

面接ではとにかく自信がなさそうな表情をしていて、「3年後どういう自分になりたいですか?」と問いかけると、言葉に詰まって泣き出してしまったんです。「待っているので、大丈夫ですよ」と伝えると、しばらくして「正社員にチャレンジしてみたい。仕事をするなかで、『私はこれが得意です』と自信を持って言えるものを見つけたいんです」と想いを打ち明けてくれました。面接の中で、人とコミュニケーションを取るのが苦手で、今までいろいろ上手くいかず悩んでいたことも話してくれたんです。そのとき、TSMFは未経験の方や再び一歩踏み出そうとしている方が成功体験を重ねて、自信を持つことができるフィールドでありたいと強く思ったのを覚えています。

その方に、「〇〇さんが社会に出て3年以上同じ職場で働いたことを採用担当として評価しているので、自信を持ってほしいです。得意不得意は誰でもありますから、当社で働くなかで自分の得意を見つけてくださいね」とお伝えするとほっとしたようで、面接が終わる頃には笑顔になっていただけました。

後日電話をしたときに、「心機一転、職場見学のために髪を切ってみようと思います!」と弾んだ声で仰っていました。前向きな気持ちになってくれていることが伝わってきて、私もとても嬉しかったです。

自信を持って次の目標に進んでいけるようにサポートしていきたい

――最後に、宮城さんにとって「より良い『働く』」とは?

宮城:「自信を持って、自分の目標に向かって進んでいけること」ですね。
採用という入り口の段階で関わるなかで、TSMFに入社された方が少しずつステップアップして成長していくためのきっかけをつくっていけたらと思っています。

今まで社員として長く働いたことのない方や、就業経験が少ない方などが一歩踏み出しやすい場にしていきたいです。そして、TSMFで安定して働きながら、派遣先で少しずつスキルを身につけて仕事の幅を広げていくことで自分に自信を持って次の目標に進んでいけるように、これからもサポートしていきたいです。

将来的には、派遣先企業での直接雇用や、同グループのスタッフサービス・エンジニアリングでエンジニアへのステップアップも支援したいと考えています。

※所属や肩書は取材当時のものです。


お読みいただき、ありがとうございました!

▼関連記事はこちらから


この記事が参加している募集

#社員紹介

6,649件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!